ガラス交換をしなくても防犯性を高めることができます。

窓のリフォームって何?~最適な時期や工法について知る~

劣化に強い窓ガラス交換を施す

住宅に長く住み続けるためにも、耐久性の高いガラスへの交換が望まれます。近年、導入する人が増えている強化ガラスというものをご存じでしょうか?どういったものなのか見ていきましょう。

耐久性の高い強化ガラスとは?


そもそも強化ガラスとは?
強化ガラスとは、普通のガラスに熱処理を加え、急激に冷却したガラスのことを言います。急激に冷やされたガラスは普通のガラスに比べて、約3.5~4倍の強度になります。見た目は普通のフロートガラスと全く同じで、素人には見分けがつきません。強化ガラスは割れ方も特徴的です。普通のガラスは割れた破片が鋭利な刃物のようになってしまいますが、強化ガラスは粉々に砕け散ります。割れた破片で怪我をすることもないので、「安全ガラス」とも呼ばれています。
窓ガラス以外でも強化ガラスは使用されていますか?
強化ガラスは私たちの身近で使われています。スマートフォンの液晶保護ガラスといえば、ピンとくる方もいるかもしれません。スマートフォンの保護ガラスは、デリケートな電子機器を衝撃から守れるほどの高い耐久性を持っています。それに、保護フィルムのように付けた時のタッチ感が悪くなることもないので、ストレスなくスマートフォンを使うことができるのです。

強化フィルムを貼る方法もある

防犯フィルム

防犯のために住宅全体のガラス交換をするとなると、かなりの費用が必要になります。予算がそんなに用意できないという人は、どうやって防犯対策をしたらいいのでしょうか。実は、ガラス交換をしなくても家の窓の防犯性を高めることができるのです。専用のフィルムを貼り付けるだけで強化ガラスにカスタムすることが可能です。近年では防犯フィルムが数多く登場しており、ガラスの耐久性が高まるだけではなく、防犯性を高めることもできるようになっているのです。

TOPボタン