日頃からガラスを割らないように対策をしておくことが大切。

窓のリフォームって何?~最適な時期や工法について知る~

ガラスの主な劣化原因~自然災害編~

ガラスの破損は飛来物等の衝撃以外にも、数多くの要因が考えられます。ここでは、私たちの生活と切っても切れない関係にある、自然災害が原因となったガラス破損の例を紹介します。

落雷による破損
あまり知られていないことですが、落雷が原因でガラスが割れることがあります。割れる原因は雷の電流ではなく、落雷による「衝撃波」です。衝撃波は人間の目には見えないので、落雷の大きな音と同時に突然ガラスが割れるように感じられます。
台風による破損
台風のイメージと言えば、強風と激しい雨でしょう。台風の強風によって巻き上げられた枝や小石が、スピードをつけた状態でガラスに向かって飛んでくることがあります。これがガラスの割れる原因となります。劣化でガラスが脆くなっていると風圧だけで割れてしまうこともあります。
降雪による破損
雪が降る地域だと、ガラスが降り積もった雪の重みに耐えきれなくなり割れてしまうことがあります。特に、外に車を駐車している人は注意が必要です。夜の間に降った雪が積もって、朝起きたらフロントガラスが割れていたというケースもあります。

日ごろからガラス破損に備えておくことが大切

ガラスが割れる原因は一つではありません。日頃からガラスが割れないように対策をしておくことが大切です。例えば、ガラスの周りに物をたくさん置いている人は地震が来た時にそれが倒れてガラスを割ってしまうかもしれません。できるだけガラスの周りには物を置かないようにしましょう。他にも、防護ネットを取り付けてガラス破損に備えるという方法もあります。ガラスが割れて、自分や家族が怪我をしてしまわないようにするためにも、しっかりと対策をしておくようにしましょう。

TOPボタン